キーボードの基本的な操作

初心者のためのパソコンの文字入力

パソコンの入力方法について説明します。
パソコンの文字入力には

  • ローマ字入力
  • かな入力
の2通りの入力方法があるのをご存知ですか?


初心者のためのパソコンキーボード

パソコンには、アルファベット以外にもいろんなキーがありますね。
それぞれに役割があって、覚えておくと役に立ちますよ。

<<文字入力に関係のあるキー>>

Enter エンターキー

日本語を入力して漢字などに変換し、候補から文字を選ぶときなどに押します。また、文章を改行するときにも使います。本当によくつかうキーです。

Shift シフトキー

アルファベットを入力するときにおすと、大文字、小文字を切りかえらます。 通常は小文字ですが、Shiftキーを押しながらアルファベットを入力すると大文字になります。

Caps Lock キャプスロックキー

Shiftを押しながらCaps Lockを押すと、アルファベットの入力が大文字に固定されます。いちいちShiftを押しながら入力しなくてもいいので、大文字を続けて入力するときは楽。解除するときは、もう一度同じ操作をします。

Tab タブキー

カーソル(文字を入力する位置に点滅しているたて棒のこと)の位置を変えるキー。
Wordなどでよく使います。

Delete デリートキー

入力した文字を削除するときに使うキー。カーソルの後ろの文字を消します。

BackSpace バックスペースキー

入力した文字を削除するときに使うキー。カーソルの前の文字を消します。

Insert インサートキー

文字の前に新しく文字を挿入するときの方法を切りかえます。通常は元の文字を残して、新しい文字を追加する【追加モード】です。Insertキーを押すと【上書きモード】に切りかわります。
※慣れないうちは、使わない方がいいかも

Num Lock ナムロックキー

数字の書かれたキーの入力方法を切りかえます。もし、数字キーをおしても数字が表示されず、文字が表示されたり、カーソルが移動するときには、Num Lockを1回おしてみてください。

無変換 無変換キー

漢字変換の時に ひらがな、かたかなに変換できます。

スペース (なにも書いてない横長のキーです)

文字入力時には漢字変換や1文字分空白をあける時に使います。

変換キー

漢字変換のときに使います。


知ってて得するファンクションキー

F1~F12までを「ファンクションキー」といいます。
その中でも、文字入力で便利なF6~F9までのキーについて説明します。

F6  ひらがなに変換します。
F7   全角カタカナに変換します。
F8   半角カタカナに変換します。
F9   全角ローマ字に変換します。


ローマ字入力とかな入力の切り替え

パソコン初心者さんによく質問されるのが、
いつのまにか、ローマ字入力がかな入力に変わっていた!」というもの。

入力しているうちに、なにかしらのキーに触ってしまい、入力モードが変わってしまうことって、よくあるんですよ。

その時は、こんなふうにやってみてくださいね!



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
婚活で出会うために