初心者のためのパソコンキーボード

パソコンには、アルファベット以外にもいろんなキーがありますね。
それぞれに役割があって、覚えておくと役に立ちますよ。

<<文字入力に関係のあるキー>>

Enter エンターキー

日本語を入力して漢字などに変換し、候補から文字を選ぶときなどに押します。また、文章を改行するときにも使います。本当によくつかうキーです。

Shift シフトキー

アルファベットを入力するときにおすと、大文字、小文字を切りかえらます。 通常は小文字ですが、Shiftキーを押しながらアルファベットを入力すると大文字になります。

Caps Lock キャプスロックキー

Shiftを押しながらCaps Lockを押すと、アルファベットの入力が大文字に固定されます。いちいちShiftを押しながら入力しなくてもいいので、大文字を続けて入力するときは楽。解除するときは、もう一度同じ操作をします。

Tab タブキー

カーソル(文字を入力する位置に点滅しているたて棒のこと)の位置を変えるキー。
Wordなどでよく使います。

Delete デリートキー

入力した文字を削除するときに使うキー。カーソルの後ろの文字を消します。

BackSpace バックスペースキー

入力した文字を削除するときに使うキー。カーソルの前の文字を消します。

Insert インサートキー

文字の前に新しく文字を挿入するときの方法を切りかえます。通常は元の文字を残して、新しい文字を追加する【追加モード】です。Insertキーを押すと【上書きモード】に切りかわります。
※慣れないうちは、使わない方がいいかも

Num Lock ナムロックキー

数字の書かれたキーの入力方法を切りかえます。もし、数字キーをおしても数字が表示されず、文字が表示されたり、カーソルが移動するときには、Num Lockを1回おしてみてください。

無変換 無変換キー

漢字変換の時に ひらがな、かたかなに変換できます。

スペース (なにも書いてない横長のキーです)

文字入力時には漢字変換や1文字分空白をあける時に使います。

変換キー

漢字変換のときに使います。

<<機能を実行するキー>>

いずれもパソコンにちょっと慣れてきたら便利なキーです。

Ctrl コントロールキー

アルファベットのキーと組み合わせて、コピーやはり付けなどの機能を実行します。 私は結構コレを使っています。

Alt オルトキー

ソフトウェアのメニューを見ると、「ファイル(F)」のようにアルファベットが表示されています。Altをおしながら、このアルファベットをおすと、そのメニューを表示することができます。

Esc エスケープキー

実行中の動作を停止するときなど使います。

F1~F12 ファンクションキー

ファンクション1~12には、それぞれ機能が割り当てられていて、キーをおすと、わり当てられている機能を実行できます。たとえば、多くのソフトウェアでF1をおすと、ヘルプ機能をよび出せます。
(==>「知ってて得するファンクションキー」 を参考にしてくださいね)

ファンクションキーは、使っているソフトウェアの種類によって違う働きをすることがあります。
また、キーを組み合わせることで、別の機能を実行できることもあるので、覚えておくと、キーをカチカチとおすだけですばやく操作ができるようになります。
パソコンに慣れてきたら、ソフトウェアの解説書などを見て確認してみましょう。

Windows ロゴマーク

これを押すと、スタートメニューが開きます。

Print Screen  プリントスクリーン

画面全体をコピーします。画面を使ってテキスト作成などに使用します。 Altと同時に押すと開いているウィンドウのみをコピーします。

婚活で出会うために